中小企業は無駄な時間を省く努力も必要

ワタシ、探しものが嫌いです。
というか探しものをする時間ほど無駄なものはないと思っています。

6542ef7f3f11321fc0e1482fca958907_s

スキャンスナップを活用した書類整理で探しもの時間を短縮する記事です。

【過去記事】紙の書類よサラバ!書類の山はスキャンで断捨離。
ビジネスマンが「探し物」に費やす時間は、年間150時間。
労働時間を1日8時間とすると、なんと19日分。ほぼひと月の営業日に匹敵する時間、探し物をしている計算になるそうです。
なんとも「無駄な時間」…

 

探しものの無駄な時間で最近、特に感じるのが、「ログイン情報管理」です。

ホームページであったり、ECサイト(通販サイト)なども必ずID・パスワードなどのログイン情報が必須となっています。

しかし、このログイン情報、社員に任せっきりという事が少なくありません。

いざ担当者が辞めた場合想定されるのが、
ログインを求められるサイトにログインができなくなること。

ログインができないとなると作業が中断し仕事が進まないなど、影響が大きいのです。

なんとも無駄な時間と思いませんか?

再設定すればいいじゃない!?

再設定すればいいだけじゃない?とお思いのアナタ!!

最近では不正ログインを強化するため、再設定にはかなり時間が掛かる場合もあるのです。

あるサイト(有名です)を利用していた企業さま。
担当者が退職し、いざログインしようと思ったら、ログイン用のメールは担当者個人のメール、
おまけにパスワードは担当者も把握していない(忘れた)という状態で
再設定、ログインできるまで、半年掛かったということもありました(T_T)

また、ログイン情報にはクレジット内容を登録する場合もあります。
この情報が社員にも簡単に分かるようであれば問題です。

 

現在ログイン情報を管理している方へ

 

いちいち面倒だから1つの簡単なパスワードにしてるよ!

そういう方もいらっしゃるかもしれませんね。

これは、会社の規模に関係なく、また個人の方も気をつけて欲しいのですが、

簡単なパスワードだけを共通でつかってしまうと、

不正アクセスされてしまう確率が非常に高いです。

また1つがログインされてしまうと、芋づる式に他のサイトもログインされてしまう場合が多いです。

 

以前、パスワード管理のアドバイスをしたことがありましたが、

「ウチみたいな小さな企業がやられるわけない!!」とそのままにした結果、

全てに不正ログインされて大変な事になった…という緊急の相談を受けました。

 

ちゃんと管理していたら…

きっと不正ログイン対応の時間は営業など売上に繋がる時間に充てられたはずです。

 

ちなみに弊社は15桁以上のパスワードを使っています。

もちろん、同じパスワードはありません。

 

ということで、問題が起こる前にしっかりと経営者も携わって管理することをオススメしています。

管理の方法については弊社でもアドバイスをしていますので、お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です