携帯代金を見直し。年間約7万円〜/1人のコストダウンへの道②

フェイスブックに携帯料金の削減に着手と書いたら、反響がすごかったのでブログにまとめることにしました。
あくまでも一個人が集めた情報なので、必ずご自身で確認をしてくださいね!

49cad23354bef871147702f5880a45c6_s

前回は「利用状況と契約内容を確認」しました。

それを踏まえて、今回私たちにあったプランがあるのかを探してみました。

①社長は電話中心でネットは確認程度(1GB以内)。
【現在】ソフトバンクのかけ放題とネット最低限のプランで契約(約6,000円)

iphoneにこだわらない。

通話し放題で格安なのは、「Y!モバイル」。プラススマホも利用可能!
ワイモバイルへ乗り換え(MNP)キャンペーンで、月額約2,980円しかもデータ量1GBまで使える!(キャンペーンで2GBまでOK)

【機種代は?】

機種代は分割支払いもありましたが、一括購入で決めました(キャンペーンでNexus5が9800円でした)

理由は、割高になることもあるので。そこは自分で試算してみてくださいね。

※ソフトバンクからのNMPは割引が効かないので要注意です。

【決めた!】
約半額に加えスマホ(Nexus5)が使える!ということは仕事の連絡も問題なし!
ということで、社長はY!モバイルへチェンジが決定!!

でもY!モバイルって通話切れちゃうんじゃないの?心配無用1ヶ月使っての感想。

 

問題はここからです〜^^; 子どもたちの要望はiphoneを使いたい!ネット中心!以上。

②高校生と大学生2人のスマホ対策・私のスマホ対策 私もiphone使いたい(笑
【現在・子どもたち】ネット中心なのでスマ放題。時々電話代金が掛かり1万円超え/1人も^^;
外出先でのスマホの使い方、電話の使い方を改めて考える。

他社docomo,au を調べてみたけど、さほど変わらず・・・。
そこで、ちまたで噂の「格安SIM」やら「MVNO」とやら意味不明な言葉を調べてみることに。

仕事の情報収集でチェックしているサイトに数年前から「格安SIM」という記事が度々出ていました。
でも、あまりにも安すぎるので実に怪しい?と記事をクリックもせず、
スルーしていましたが、ヤマダ電機やコジマ電気の携帯コーナーに行くと「格安SIM」というポスターが
あちらこちらにある事に気づきました。
遅すぎる気づきでした(T_T)

次回は「MVNO・格安SIM」について説明したいと思います。

携帯代金を見直し。年間約7万円〜/1人のコストダウンへの道① 

携帯代金を見直し。年間約7万円〜/1人のコストダウンへの道③

【番外編】Y!モバイルって通話切れちゃうんじゃないの?1ヶ月使っての感想。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。