そもそも良い広告とは?

取引先とのミーティングで「良い広告とはどんな広告なんですか?」とストレートな質問。
このブログを読んでいるアナタならどう答えます?

良い広告とは?のイメージ写真

「簡単そうで意外と難しい質問だな・・。」と思いながら、できるだけ分かりやすく説明しました。
結論から話すと

【1】「目に止まる。気付いてもらう。」
【2】「反応する。行動させる。」

ぱっと思い浮かんできた私の「よい広告」です。

補足すると、この広告で、見て欲しい、振り向いて欲しい理想の人たちの「目に止まり、気付いて」もらう。その人たちが広告で誘導した、ナビゲートしたことに反応し、なんらかの「行動、アクション」をおこす。そんなことだと私なりに解釈しています。

これが正しいのかわかりませんが・・。

以前、ダイレクトマーケティングのWebセミナーで、ある講師が確かこんなことを話していました。
とてもシンプルで、印象深い説明だったので、私の記憶にそのまま残っていた。そんな感じです。

うちの仕事では、Webメインのレスポンス広告がほとんどなので、テレビCMなどのイメージ広告の「良い広告」とは概念が違うかもしれません。このあたりは、興味があるので、機会をみつけて調べてみようかと思います。

しかし、シンプルだけど、結構難しい質問ですね。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です