MESSAGE

ホームページは公開した日がスタート

ホームページを作ったけど、ほったらかし・・そんな状態になっていませんか?
お客さまは新鮮な情報を求めてホームページにやってきます。いくらデザインのいいホームページを制作しても、掲載している情報が1年前の日付だと、お客さまは目的を失いホームページを去ってしまいます。それが続くと「どうせ古い情報だから見てもしょうがない」と二度と見に来てもらえません。ホームページは作って終わりではなく、公開した日がスタート!フル活用してビジネスチャンスに繋げましょう。

企業のホームページを古いまま放置するべきでない5つの理由

  1. 経営順調ではないかと思われる ホームページはインターネット上にあるあなたの店舗です。その店舗に手が回らず、情報が古いままだと「この会社大丈夫だろうか?」と不安になってしまいます。
  2. 人手不足の時代に応募が来なくなる ネット中心の時代、企業の内容を見るのはほとんどホームページです。そのホームページが古いままだと企業の印象も悪くなり、応募したいと思う人は減るでしょう
  3. 新規取引が減る 新規取引が始まる前にホームページが閲覧されることを自覚しましょう。名刺交換した後、顧客企業の担当者はあなたの会社のホームページを見て、取引して大丈夫かチェックしています。
  4. 情報が古いと、二度と閲覧されない 情報が古いサイトというのはリピート閲覧される可能性が低くなります。
  5. 検索表示結果(SEO)が下がる 更新を怠るとGoogleやYahoo!などの検索エンジンで、表示順位がどんどんさがってしまい、お客様が検索しても探せない結果になることも。
ホームページの運用はPDCAをまわすこと。計画、発信、分析、改善

成果の上がるホームページにする方法

お客さまのニーズを予測し戦略を立てて作ったホームページも、そのニーズや戦略にズレが生じた場合には修正を加えなければなりません。何度もトライ&エラーを繰り返す事で成果が上がります。
オービックの「ホームページ情報発信代行」では定期的な情報更新やシステムのメンテナンス、アクセスログ解析の分析結果にもとづいたWebサイトの改善策の立案など、Webサイトの効果を持続、向上させるために専門スキルを持つスタッフが更新・管理を行っています。

ホームページ専門会社に委託した場合のメリット

コスト削減

自社でホームページ担当者を雇用すると、毎月の給与、年間約300万円の人件費が発生します。専門会社に委託した場合に比べて格段に高くなります。
・自社でホームページ担当者を雇用 約300万円/年間
・外注にした場合(弊社で計算) 5万円×12ヶ月=約60万円/年間
※ホームページ担当者が社内にいた場合、ホームページ更新作業をやるだけではなく、さまざまな業務も兼任されると思いますが、今回は新着情報のみを更新する場合で比較しています。

リスクの解消

ホームページ担当者を雇用してもすぐ辞めたり、定着しない。後任者の採用募集しても1〜2年見つからない、その間はホームページを放置。そんな事でお悩みの経営者の話をよく聞きます。また、自社担当者を属人化したことで、辞めてしまった場合にその人しかパスワードがわからないなどのケースもよくある話です。専門会社に委託した場合、ホームページ運用に関わるIDやパスワードなどの重要情報は、責任持って管理されますので安心です。

仕様変更に敏速対応

Twitter・FacebookなどのSNSは仕様変更が多く、今まで使えていたのが急に使えなくなるケースがあります。専門会社に委託していれば、仕様変更にも迅速に対応可能です。

業務に集中し効率アップ

ホームページの管理をする手間がかからなくなるため、本来の業務に集中することが可能です。

とは言え、オービックがどんな会社かわからないのでは不安ですよね

弊社はスタッフは3名と小さな会社ですが、最長で15年継続してホームページ情報発信代行業務をさせていただいているお客様もいます。もちろん現在も進行形です。(ファーストフード、建設業、老人ホーム、新聞社、病院、士業さまなど)
また、チャットやメールでのやりとりだけでなく、必ず伺っての面談を行いますので、小さなことも相談しやすいメリットがあります。先に紹介しました、15年お付き合いしている企業の担当者さまには「オービックの提案は断りやすいから続けられる」とのお褒め(?)のお言葉をいただいております。詳しくは「わたしたちについて」ページをご一読ください。

それでも自社スタッフで更新作業はしたい!

やっぱり自社スタッフでホームページを更新したい!という企業もいるかと思います。弊社では、専門的な知識ノウハウをお伝えするホームページ担当育成研修も行っておりますので、興味がありましたら、お気軽にお問い合せください。

ホームページ更新代行サポート内容と料金について

Googleアナリティクス(アクセス解析ツール)レポート提出。(KPIやアクセス数を毎月1回報告)
ホームページの効果・成果を測定するために目標の数値化(KPI)を行います。

プラン 更新頻度 料金
ホームページ情報 発信代行業務 毎週1回の更新 月額 5 万円(税抜)
SNS投稿代行(対象SNSから2つ選択) 毎週1回の投稿 月額 5 万円(税抜)
メルマガ配信代行 毎週1回の配信 月額 5 万円(税抜)
例:ホームページ新着情報 更新とSNS投稿をご要望の場合、新着情報 更新代行(5万円) + SNS投稿(5万円)でトータル月額10万円(税抜)となります。

※1. ホームページの更新に必要な写真や文章はお客様からのご提供となります。提供する素材がない場合は別途制作費用がかかりますので、予めご了承ください。
※2. ページを新たに作る場合は代行作業に該当しません。別途制費用がかかります。
※3. 有料広告への出稿料金は別途費用となります。
※4. 作業内容やボリュームによって料金をお安く提供できることもございます。お気軽にお問合せください。
※5. ホームページ(1サイト)の基本料金となります。複数のホームページの場合は別途お見積りいたします。
※6. 当社指定のビジネスチャットを利用して情報共有します。
※7. SNS投稿代行は、週1回投稿する際、各SNSともに同じ内容(トピックス)になります。SNS毎に別内容など配信コンテンツの作成、編集は行いません。
※8. SNS投稿代行は、対象のFacebook、Twitter、Instagram、LINE@から2つ選択して頂くことなります。SNS追加の場合は別途費用となります。

 

更新日 2019年5月3日

「今だけ」「このページだけ」の1回限りのスポット対応

弊社と「ホームページ情報発信代行業務」をご契約していない方へ
以下の料金でスポット(単発・1回限り)対応も行っています。
お気軽にご相談ください。※ご相談・お見積り無料

基本料金 10,000円(税抜) + 作業料金 3,000円(税抜)〜

スポット対応をお願いする前の確認事項です。必ずご確認願います。

基本料金 10,000円(税抜)は、スポット作業毎に必ず発生しますので、作業はまとめて1回にした方がお得です。
作業料金は、30分毎の作業単価3,000円(税抜)で費用を換算致します。作業内容、ボリュームで料金が変動します。
ホームページの更新に必要な写真や文章はご提供となります。
ご提供する素材がない場合は、別途費用がかかることがございます。
レンタルサーバーやコンテンツ管理システム(WordPressなど)のログイン情報が必要です。
更新する作業内容やボリュームなどを確認し、お見積書をご提示します。
お見積書、スケジュールを確認後、FAXまたはメールで送付致します。
費用は前払いとなります。お見積書、スケジュールを了解頂き、作業費用をお振込頂いてから作業着手となります。

更新日 2017年12月1日

ホームページ「常時SSL化」作業代行サービス

基本料金 10,000円(税抜) + 作業料金 39,000円(税抜)〜

 

ホームページを「常時SSL化」する場合、以下の作業を実施致します。

作業内容
作業前のデータバックアップ(データベースファイル、ウィジェットコード、Themeファイルなど)
SSLサーバー証明書の申請とインストール(Let’s Encryptサーバー証明書)【無料】
サイト内のリンクを全てhttpからhttpsに変更
httpからhttpsへのリダイレクト設定(自動転送設定)
ホームページの最終表示チェックと修正対応
各種ツールの登録をhttpsに変更(Google のAnalytics、Search Consoleなど)

 

 

※1. 独自ドメイン向けに無料で発行できる「Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)」サーバー証明書をインストールします。

※2. Let’s Encrypt以外のSSLサーバー証明書を希望する場合、別途費用となります。費用や対応可能かなど要相談となります。

※3. ロリポップ!レンタルサーバーでの作業費用となります。他のレンタルサーバーの場合、対応可能かなど要相談となります。

※4. VPSや専用サーバーへのSSLサーバー証明書インストールは、別途費用となり作業対応できるかなど要相談となります。

※5. SNSのシェアカウント(http + https)を引き継ぐ対応は、プラグイン等で実施しますが件数の保証は致しませんので予めご了承ください。

※6. 本作業は、サイト内の1つのWordPress(ワードプレス)で実施する作業費用となります。

※7. 複数のWordPressが作業対象の場合、追加費用が発生しますので、事前にご相談ください。

 

更新日 2018年9月24日