休日の朝、ラジオCMのナレーションに感情が揺さぶられた。感動した!

土曜日の朝、ラジオ番組から流れたきたCMのナレーション(朗読)に「感動」して心が揺れ動いた。
企業CMでしょ。っと思わずに、フラットな気持ち、ニュートラルな状態で読んでもらえると嬉しいですね。

誕生日を祝っている様子

オリコのラジオCM「バースディ 篇」

(母)
ゆうすけ。今日誕生日?

(息子)
そうだね。ごめん、今残業中だから。
母は毎年電話をよこす。

(母)
ゆうすけ。誕生日おめでとう。

(息子)
今、飲み会中なんだ。

(母)
誕生日おめでとね。

(息子)
おめでとくねーよ。めんどくさい。と思ってた。
自分が親になるまでは。

「生まれたばかりの赤ちゃんの鳴き声が、」
看護婦
元気な男の子です。おめでとうございます!

(息子)
と言われて、気がついた。
誕生日って、本人よりも親にとっての記念日なんだ。

(母)
誕生日おめでとね。

(息子)
母さん、行ってみたい国とかある?

(母)
何?急に・・。

(息子)
俺の生誕35周年記念だよ。めでたいだろ。

(母)
ばかね。(笑い声)

この後、スポンサーのナレーションがはいる。
『親孝行は思いきろう!
かなえる、のそばに。オリコがいます。』

(引用)オリコのラジオCM「バースディ 篇」
「クレジットカードのオリコ」ホームページからラジオCMが紹介されています。音声聴けて、ダウンロードもできます。

「誕生日は本人のために祝うのではなく、親のために祝うのだということを。」
この言葉に、心が、感情が揺さぶられ亡き母を想い、生きている父親のことを思った。
そして、何かをしなければと思った。

言葉ってスゴイなと感動もした。

ボクは今、造ることで精一杯だけど、もっと「共感」したり、もっと「感動」したりする文章をもっと、もっと発信していきたい。そう思ったな。

これからは、もっと「共感」したり、もっと「感動」する言葉。積極的にアンテナ立てて触れていこう!書いていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です