小さな会社の集客は「コツコツ継続が重要」実例から学ぶ

お客様の来店・集客がイマイチ。キャンペーンやイベント企画しても反応が悪く、結果につながらない・・。と悩み、困っていませんか?その困り事を解決できる方法があります。今回の記事は、集客のヒントをクライアントの実例から学ぶ記事を紹介します。

A&Wラッキーチューズデー_継続力の見本

飲食店の悩みは「週末はなんとか席が埋まるけど、平日の客足が厳しくて・・」といったように、平日の集客に困っているお店多いと思います。

そこで、今回紹介するA&Wさんは、毎週火曜日に「○○買ったら○○が1個ついてくる」といった販促企画で、平日の集客アップを毎週続けています。

よく外資系のピザ屋さんが「Buy one Get one Free !」からよく実施している販促企画と似たような手法です。

引用:AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議
「Buy one Get one Free ! 」の日本のプロモーションへの活用

ここで、注目したい「現場からのヒント」が3つ

  • 3年から4年近く続けているということ。
  • 店頭や店内、ホームページ、SNSから毎週情報発信。
  • 2ヶ月周期で、対象商品を変えてニュース感を演出。

私の身近な友人、知人に「A&Wのラッキーチューズデー知っている?」と聞いてみると。「ああ、毎週何かおまけみたいなモノ、付いてくるやつね」といったような返事が結構多い。しっかり浸透して定着した感ありで、素直に嬉しいですね。

私の好きな経営コンサルタント竹内謙礼さんの書籍「小さな会社こそ、高く売りなさい」でこう紹介されています。

小さな会社にはその予算はない、だから、長期的に情報をコツコツと配信して、客との距離を縮めていくのである。

著者:竹内謙礼 『小さな会社こそ、高く売りなさい』より

ブログの記事、いかがでしたか?今回は『小さな会社は「コツコツ継続することが価値となる」実例から集客について学ぶ』について紹介しました。これで、集客の悩みが解決できますね。まずは今回の実例をヒントに、あなたの会社向けにアレンジして試してみることですね。きっと成果がでるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です