法人営業だと名刺の役割とても大切です。

沖縄もここ数日けっこう冷え込んでいます。エンダーのクラムチャウダースープ飲んで体が温まりました。(^^)

今日は、だれでも持っていて、必ず使っている営業ツール「名刺」の話です。

営業する名刺のイメージ写真

先日、広告代理店のトップ営業マンと制作中のホームページで打ち合わせした時、新規案件の開拓が話題になりました。何かチカラになれないかと思ったら「名刺」活用をアドバイスした時の話です。
その方の名刺を拝見させてい頂くと、

  • 会社名
  • 名前
  • 住所
  • 連絡先

以上。
これまた立派な「アドレス帳名刺」でした・・。^^;

この方、ベテランの営業マンで、実績はスゴイし容姿もトークも非の打ち所なし。
いつもお世話になっているし、尚更「この名刺だと持ったいない!」と「営業する名刺」のポイントを力説!

「営業する名刺」と「アドレス帳名刺」で際立って違うポイントは。

【1】セールスポイント(他とどこが違うの?)
【2】顔写真
【3】プロフィール

この3つが揃っていると「初対面」での一発勝負でけっこう威力を発揮します。
詳しい説明はこのブログではしませんが、機会をみつけて威力を発揮する理由や事例など紹介しますね。

みなさんの名刺、「営業する名刺」ですか? それとも「アドレス帳名刺」ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Seiyu Inamine

Twitterで、好きなモノ・興味があるコトから尊敬・憧れている方々の情報収集など。日々の出来ごとを気軽に忘備録にと自分に向けにつぶやいています。 【好きなモノ】広告,コピーライティング,Googleのテクノロジー,Apple製品,文具(手帳や筆記用具),Cafe巡り,80s洋楽。