女性こそ使ってみて欲しい★アップルウォッチのススメ

まだかまだかと首を長くして発売を心待ちにしていたアップルウォッチ。発売から早3年。

今や「全然使ってない」「時計で十分」「携帯で時間わかるし」などなど、あの熱気はどこへ行ったやら、周りではアップルウォッチ使っている人は少数です。

私は、買おうか・買うまいかかなり悩んだ末、1年後にGetしました。ミーハーのわりにアップルウォッチ購入に関してはかなり慎重でした。

使わなくなった人が多い中、逆に私は買って良かった派。
そこで今日は私がアップルウォッチをオススメする理由をお伝えしたいと思います。

座りっぱなしのウェブ制作。気がつけば2〜3時間同じ体制で作業なんて普通です。
座りっぱなしのリスクはいろいろ書かれてますね…

  1. 太りやすくなる
  2. 心臓病にかかるリスク2倍
  3. エコノミー症候群
  4. 肩こり

などなど、良いことありません。

そんな時役立つアップルウォッチ。1時間座りっぱなしでいるとバイブで「立って1分歩きましょう!」と促してくれます。

打ち合わせ中の着信判断

打ち合わせ中に着信。携帯を見るのも話を中断するようで気が引けませんか?

そんな時、便利なのがアップルウォッチ。いちいちカバンから出さないで着信が確認できます。

緊急だなと思ったら出ていいし、そうじゃない電話は、アップルウォッチを手で抑えるだけで着信を終了してくれます。

打ち合わせを中断しなくていいので、とても重宝してます。

このアップルウォッチ、近くに携帯があれば、アップルウォッチがスピーカーになって通話もできます。これもバックから出さなくていいので、私はこの機能も気に入ってます。

SNSやアプリの着信を通知

弊社ではお客様との連絡はチャットワーク。その通知もアップルウォッチで教えてくれます。
SNSなどの通知もできるし、LINEは絵文字での返信もできますよ。
当たり前の機能だけど、有り難い。
※絵文字は限られてます

ヘルスケアで健康管理

アップルウォッチ
今年50代突入の私。この歳になると、健康にはもっぱら気をつけます。先にも記載したように座りっぱなしが健康に悪いと知ってからはなるべくウォーキングを心がけてますが、少し歩いただけで、心臓バクバクです。

学生以来スポーツはやったことがないので、心肺機能強化も必要だなと思って、去年からジャザサイズを始めました。

始めた頃は1曲踊るだけでバテバテ…でも、平気で踊っている周りのおばちゃん達をみるとこれじゃダメだと、苦しいのを我慢して無理して踊ってました。

気がつけば心拍数180とか…恐ろしい…

なので、アップルウォッチで心拍数をチェックしながら、今は自分のペースで適度な心拍数を保ちながら続けてます。

インストラクターさん、「真栄田さん頑張って〜!」の掛け声も笑顔でスルーです(笑)

お陰で、3曲くらいまでは軽く踊れるようになってきました。(ジャザサイズって結構ハードなのよ)

これまでバテバテだったウォーキングの同じ道も、今はバテることがなくなってきたので、確実に結果がでていると思います。

あと、歩いた歩数や距離などが一目瞭然なのも運動を続けられる理由かなと思います。

先週はあまり動いてないから今週はちょっと意識して歩こう!とか思うことが多くなった気がします。

歩数、距離、ワークアウトのカロリー、時間、などiphone表示させることができます。

最後に

アップルウォッチは男性が使うイメージが強いですが、仕事や健康維持のために女性にもどんどん使って欲しいアイテムです。

アップルウォッチは便利な機能がたくさんありますが、通知がきて(教えてくれて)も結局やらなきゃ意味がないと思います。
アップルウォッチを持って満足しているだけの宝の持ち腐れになるかは個人の使い方次第かなと思います。

仕事+健康が気になる方、オススメですよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です