朝のコーヒー。飲む時間を間違えると「やる気・集中力」に悪影響。知ってました?

朝、食卓からコーヒーの香りが漂ってくると、ほんと気持ちいいですよね。
母がコーヒー大好きだったので、その影響で小さいころからコーヒー飲んでました。社会人になっても、テレビCMで紹介される缶コーヒーを1日何本も飲んでました。今でも、毎日のコーヒータイムが私の至福の時間です。

今日は、私の生活に無くてもならない「珈琲(コーヒー)」の飲み方教えます。

珈琲(コーヒー)

朝のコーヒー、いつも何時に飲んでいる?
[一流] 朝10時、ひと仕事終えたタイミングで休憩がてら一杯
[二流] 起きたらまず、眠気覚ましに一杯

著者:馬淵知子 『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』より

「コンチゾール」と「カフェイン」の関係

「コンチゾール」という私たちのカラダのスイッチをONするホルモンの分泌が朝の9時ごろにピークをむかるようです。そのあと徐々にそのホルモンの分泌が減り始めるタイミングに、コーヒーを飲んでカフェイン効果を活かすために、朝10時ごろがコーヒーを飲むのがベストタイミングのようです。

この「コンチゾール」と「カフェイン」の関係を『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』の本を読んではじめてしりました。いや〜、「毎日朝起きてすぐコーヒーのでるけど・・」っと、ちょと残念な気持ちになりましたが、この本買って良かったとなぜか一安心。

今日、コーヒーを飲む最高のタイミング

コンチゾールは、朝だけでなく、終日以下の時間帯に分泌のピークがおとずれるようです。

  • 朝8時〜9時
  • 正午から午後1時
  • 午後5時ごろ〜6時過ぎ

私は、本で紹介されている通り、コンチゾールの分泌がピークになる時間を外して至福のコーヒータイムを楽しんでいます。
集中力や活力が落ちるタイミングに、コーヒーのカフェイン効果で、やる気、集中力アップ。これで、生産性も上がって業績もアップですね。コーヒーの幸せタイムが更に幸せになる。最高ですね。

専門家の「知識」「経験」は、貴重な情報ですね。だから本読むの好きなんですよ。
『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』は、コーヒー好きには最高の教科書です。この本買って、読んで、学んで、素敵なコーヒーライフをワンランクアップしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です